妊娠中でも脱毛できますか?

妊娠中でも脱毛できますか?

 

脱毛に通っている途中で妊娠してしまった。妊娠中でも脱毛に行きたい。そんな女性ならではの悩みにお答えしますフラッシュ(光)やレーザー脱毛による施術は子宮や胎児に悪影響を与えるものではありません。しかしクリニックでもエステでも妊娠中の施術は断られます。なぜ子宮や胎児に悪影響を与えないというのにダメなのでしょうか?

 

理由としては、脱毛時の痛みによる陣痛の誘発や、痛みによる刺激やストレスが母体に良くないため、万が一のトラブルに対応できないためです。ちなみに施術箇所も関係ありません。V,I,Oラインなど施術時の痛みで直接影響がありそうな場所だからダメとかではないです。妊娠しているときは、急に気持ちが悪くなったり、吐き気やめまいなど、自分も予期せぬ体調の変化が急に訪れたりします。

 

妊娠中でも脱毛できますか?

 

妊娠初期も不安定な身体の変化もあり、安全第一なため、マタニティエステなどでも妊娠初期は予約をお断りされます。(マタニティエステは妊娠中期から受けることができます)妊娠後期になって安定してきたといっても、おなかが大きくなった状態でエステのベッドに寝そべったりするときに母体に負担が掛かったり、長時間同じ体勢でいるとによって気分が悪くなったりしたら困るというのもあります。脱毛サロンにしても光脱毛の家庭用脱毛器をお持ちの方も、無事に出産を終えるまでは無駄毛処理は避けた方が無難です。妊娠・出産後にまた毛が生えてくることがあり意味が無い可能性もあります。

 

なぜかというと、妊娠中はホルモンバランスが崩れます。毛の成長というのはホルモンバランスに強く影響を受けるため、妊娠中に脱毛しても、脱毛効果が得られず、また同じ所から生えてくることが多々あるのです。また、逆に多毛症といって毛が濃くなる可能性もあり、あまり脱毛施術をしても意味が無いので無事出産するまでは無駄毛処理のことは忘れましょう。せっかく施術しても思うように脱毛効果が得られない場合がありますし、普段より毛が濃くなったりコンディションも安定しません。施術したからと言って胎児に深刻な影響が出るわけではないようですが、皮膚も非常に敏感になっているので総合的に考えて脱毛にふさわしい時期とは言えません。