脱毛による黒ずみは治りますか?

脱毛による黒ずみは治りますか?

 

脱毛したらムダ毛が生えてこなくなって、自己処理もしなくて楽チン!しかもお肌はツルツルに!いうようなキャッチフレーズを、よく脱毛サロンや医療脱毛クリニックで目にするかと思います。しかし、その他にも覚えておいて欲しいお肌のお悩みがあるんです。 それは「肌の黒ずみ」です。特にお悩みの声として多いのが、VIO(デリケートゾーン)その他にも、ヒザやヒジなどといった部位がよくお悩みの声に上がってきます。

 

特にVIO(デリケートゾーン)の黒ずみは、脱毛してから気が付く人が多く、脱毛してから慌ててケアを始める方が多いようなのです。 特に目立つのが、Vラインです。水着などのラインから黒ずみが見えてしまうと、脱毛しても残念な感じになってしまいますね。お肌の黒ずみで最もお悩みの声が多い部位である、VIO(デリケートゾーン)厄介なことに、脱毛を始めてから毛がなくなってきてから黒ずみが目立ってくるのです。脱毛するまでは特に気にしていなかった人も、肌の黒ずみを目の当たりにして悩み始めた・・・なんていう方も居るのではないでしょうか。黒ずみの原因とされているのは、主にメラニンによる色素沈着。

 

脱毛による黒ずみは治りますか?

 

実は、日本人はメラニンの保有量が多い人種で、ホルモンの関係などで年齢と共に沈着していく傾向があるのです。肌質や体質などの個人差はありますが、日本人で黒ずみがあるのは自然な事です。特にVIOは、『デリケートゾーン』と呼ばれるだけあり、非常に敏感な部位でもあります。なんと、衣服や下着による摩擦でも黒ずみは起こってしまうほどです。下着と同じ様に、肌への刺激による原因として『自己処理による脱毛』があります。 「毛を抜く」「剃る」と言った肌への負担が大きい自己処理を繰り返すと、ますます黒ずみが進行してしまうのです.

 

また、不衛生な環境によって起こる炎症も、黒ずみの原因とされています。一番簡単に出来るのが、日々の中で生じる肌への刺激を出来る限りなくすことです。実はVIO(デリケートゾーン)は、入浴時を除いて1日中下着や衣類による刺激を受けています。生理中は、ナプキンと言った生理用品による刺激・ムレもあるので、肌がかぶれてしまうという方もいるのではないでしょうか。下着 ここで一番大事なのは、自分に合った下着のサイズや形、素材を見直してみること。 日常生活の中でも気を付けていれば改善できると思います。